カッサでリンパ流し

2014年2月26日 / 未分類

 

 

カッサを使った美容法は今でも大人気で雑誌で頻繁に特集が組まれたり、付録についてきたりもしてブームとなっています。もともとははるか昔から中国で行われてきた民間療法であり、滞っている血液の流れを良くして身体を活性化させることで毒素を排出させようというデトックス効果の期待できる美容法です。

 
まず顔まわりにはリンパの溜まる場所が何カ所かあります。一番溜まりやすいところが耳たぶの裏、いわゆる耳下腺呼ばれるところです。

 

あとはこめかみと首まわりです。あごから耳にかけて下から上に肉を押し上げるように輪郭に沿ってマッサージをし、耳下腺を押して刺激したら、次は溜まった老廃物を流すように耳下腺から首を辿って鎖骨まで縦に流します。鎖骨もリンパがたまりやすいところなので今度は肩にむかって流します。

 

そして最後にわきの下を揉むようにマッサージをして顔からデコルテにかけてのマッサージは完了です。こうして顔にたまったリンパをこめかみから耳たぶの裏、わきへと最後まで流しきることで効果が期待できます。特にあごから耳たぶの裏を撫でるように刺激しながら行うリンパマッサージはすっきりとしたフェイスラインを作るのに効果的な美容法と言えるでしょう。

 
ここで気をつけなければいけないのは、マッサージをする際にあまり力を入れ過ぎないことです。皮膚は薄いので刺激しすぎると皮膚の下の細かな血管に傷がついてしまいます。ゴリゴリと力を入れ過ぎないようにして、優しく気持ちの良い程度にマッサージをするようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る